機械式とクォーツ式は違う!意外に勘違いしている機械式時計のメンテナンス

クォーツ式時計から機械式時計に変えた際に

機械式時計には、他の腕時計に無い味わいと高級感があります。昨今腕時計をする人が減ったとは言え、未だ根強い人気を誇っています。しかし、クォーツ式腕時計を使っている人が機械式の腕時計に変え、メンテナンス面の知識不足により機械式腕時計が壊れたと勘違いして修理業者に駆け込むという人も多くいます。技術の向上で以前のように手がかからなくなったとは言え、やはり機械式時計は日々のメンテナンス内容を把握しておいて実践しなければ、その醍醐味を味わうことができません。

機械式時計のメンテナンスは購入直後から始まる

機械式時計は、ゼンマイが巻き上がった状態で利用することを前提として作られています。これに対して新品であれ中古であれ、購入直後の機械式時計はゼンマイがほどけている場合があるので、購入直後からしっかりとゼンマイを巻き上げておく必要があります。自動巻きの場合もゼンマイの動力が足りない場合があるので、最初はしっかりとリューズでゼンマイを手巻きしておきましょう。これを行わずに時間がずれて、「初期不良だ!」と文句を言いにいくのだけは辞めてください。

決まった時間に適度なぶんだけゼンマイを巻く

初めて機械式時計にした場合はどうしても忘れてしまいがちになりますが、毎日決まった時間にゼンマイを巻くようにしましょう。違った時間にゼンマイ巻くようにすると、日々で巻き上がり量にムラが生じてしまい、それが慢性化すると時間のズレ幅が大きくなってしまいます。またゼンマイの巻き方がわかっていないうちはどうしても必要以上にきつく巻いてしまいがちですが、強くゼンマイを巻いてしまうと故障につながりかねないため、ゼンマイ巻きはリューズに抵抗を感じる直前までで止めるようにしておきましょう。

イタリアのジュエリーブランドのダミアーニ、スタイリッシュながら独創的なデザインの結婚指輪・婚約指輪は多くのカップルの憧れです。