ペットが欲しい!どんな動物と一緒に暮らそうか?

ペットを飼うのは何がいいのか

ペットを飼いたい!そう思うことありますよね。何となく寂しいとかペットショップで一目惚れしたとか、子供にせがまれたとか。どんな理由にせよ人は古来から犬を始め様々な動物と共存してきました。一緒に暮らす生き物が欲しいと感じるのは当たり前のことなのかもしれません。では、そこで何を飼うのかというところ。犬?猫?はたまたハリネズミなんかもいます。そこで自分の生活を省みましょう。朝から夜まで一日の流れと長いスパンでのスケジュールです。旅行や出張が多いとか子供が小さいとか、いろんなことを考慮してライフスタイルにあったペットを選びましょう。

ペットと過ごす時間考える

一日のスケジュールをおさらいしてみましょう。例えば朝はバタバタと早く出て、帰りも遅い。でもふと家にいるときの癒しを求めている一人暮らし。そんな人は散歩や運動の必要な犬などの大きな動物よりもウサギなどの小動物の方がいいかもしれませんよね。小学生の子供が二人と両親の4人家族で、昼間は家に誰もいないが夕方には賑やかになる。それなら子供たちの教育や運動のために犬を飼って子供たちに世話を任せてみる。そんなペットの飼い方もあるかもしれません。

ペットも生きている。命を預かるということ

ペットとは人間と一緒に暮らす動物です。人間と同じ哺乳類だけでなく、魚や昆虫など一見温もりを感じられない動物だって同じ生き物です。長さに差はあっても命があります。ペットを飼うということは、その命を預かるということです。飼う側の人間が見放せば、その動物は生きていけません。子供だけでなく大人もペットを飼うということの責任をきちん理解して飼いましょう。一緒に生きていくと決めたなら、その命が終わるまで責任をもって飼いましょう。子供は大人以上に動物と暮らすということで学ぶことがあります。大人も同じようにペットからなにかを感じ得たものを糧に出来ればそれ以上のことはないでしょう。

子猫販売ならブリーダーさんから直接するのがおすすめです。育て方やキットフードなどの相談が出来るので安心です。