大事な思い出の写真、どうやって残しますか?

アルバムはもう古い?

まだデジタルカメラが普及していなかった頃、写真といえばフィルムがあり、写真屋さんに持って行って現像してもらっていましたよね。そして受け取った写真を一枚一枚、アルバムに挟んだ経験のある人も多いんじゃないでしょうか?しかし今は、完全にデジタルカメラが一般的な時代です。どんな写真が撮れたかもすぐに分かってしまうから、わざわざ現像してアルバムに収める、ということもあまりしなくなってしまいました。手作業でアルバムを作るよりは、メモリカードなどにデータを入れて、パソコンを使い写真を鑑賞することの方がよっぽど楽です。しかしアルバムにはアルバムの、温かみがあると思いませんか?今の時代、写真を現像してアルバムを作ることはもう古いのでしょうか。

自分でアルバムを作ろう!

デジタルに慣れきってしまった今、アルバムを作るといった作業は面倒に思えるかもしれませんが、やってみたら案外楽しいはずです。それにネガフィルムの時代に比べれば、デジタル写真の現像はずいぶんと楽になりました。コンビニのコピー機でもプリントできますし、家庭用プリンターでも専用の用紙さえあれば、簡単に自宅で写真がプリントできます。そうしてプリントした写真を、一枚一枚思い出を振り返りながら、アルバムにしまう時間はとても素敵なものだと思いませんか?家族とその時のことを振り返ったり、また一言添えたシールを一緒に貼るなどしても楽しいでしょう。

もし自分で作業するのが面倒だったら…

もし時間がなくアルバムをゆっくりと作っている余裕がない人がいたら、専門店に依頼してしまうのも一つの手です。現像した写真を挟んだものではなく、写真が綺麗にプリントされた本、「フォトブック」というものを作ってくれるサービスがあります。大きな写真屋さんであれば大抵やっていますので、ぜひ調べてみてはいかがでしょうか。デジタルカメラで撮った写真であれば、ネットで注文し、そのままフォトブックにしてほしい写真をデータで送ることができます。これなら、短時間での作業が可能になりますね。アルバム制作はちょっと……、という方はフォトブックという形で思い出を残されてはいかがでしょうか。一冊の本を頭を寄せ合って覗き込み、思い出を語らいながら見る写真は、モニターで見る写真とはきっと一味違うでしょう。

今時のフォトブックはスマホに保存されている画像をアップロードするだけで簡単に制作ができます。アップロード後に印刷されたものが家に届くサービスが多くあります。